アイドルタイムとは?飲食店がひまな時間にするべき業務

飲食店アイドルタイムにすべきことが5つ書かれている ホールの仕事
スポンサーリンク

飲食業界23年、現役料理長です。

今回は「アイドルタイムや飲食店がひまな時間の業務」について解説します。

飲食店の営業がヒマな時間を「アイドルタイム」といいます

ヒマな時間で上司にアピールして「時給アップ」した経験があります。ポイントは「言われる前にやる」です。

社員・アルバイトともにメリットのある考え方なので、順に解説していきます。

スポンサーリンク

「アイドルタイム」の由来について

一般的なカタカナ表記の「アイドル」は、乃木坂46のように人気のあるタレントさんで、偶像や憧れの対象という意味をもっている英語の「idol」からの言葉です。

一方、アイドルタイムの由来となっているのは「idle」で「仕事がない・働いていない・動いていない・使われていない」などの意味があります

自動車のエンジンなどを空回りさせて「動力を伝えない状態のアイドリング」も同じ「idle」由来です。

カタカナ表記だと同じなので、勘違いしてると恥をかきます。「乃木坂46タイム」と間違えないように注意しましょう。

ちなみに「アイドルタイム」の反対語は「ピークタイム」です。

スポンサーリンク

飲食店のアイドルタイムとは?

アイドルタイムとは、生産施設が稼働せず待機している時間のことで「無作業時間」「遊休時間」ともいわれます

飲食店のアイドルタイムは「ランチタイムのピークが終わった15時〜17時」になります。この時間は「カフェタイム」でもあり、美味しいデザートなどを販売している店舗は忙しくなります。

飲食店の業態により「アイドルタイムの時間は違います」

飲食店の各業態のアイドルタイム

飲食店のお客様が少なくなる(ヒマになる)時間帯は、各業態によってちがいます。参考までに下記にまとめています。

  • 飲食店業態ごとのアイドルタイム
  • カフェのアイドルタイム 13時〜15時
  • レストラン(ランチ・ディナー営業している)のアイドルタイム 15時〜17時
  • 居酒屋のアイドルタイム 17時〜19時

アイドルタイムの飲食店でやるべきこと

アイドルタイムは「飲食店のヒマな時間帯」なので少ないのが理想的です。しかしながら、考え方次第でアイドルタイムを活用できます。

飲食店アイドルタイム活用例
  • ①飲食店スタッフの休憩時間
  • ②キッチンスタッフの仕込み時間
  • ③飲食店スタッフの教育時間
  • ④飲食店の清掃時間
  • ⑤アイドルタイム用の販促を実施する
  • 以上のように「飲食店のアイドルタイム」を活用します。

アイドルタイムでスタッフの休憩をまわす

飲食店のアイドルタイム活用で、最も多いのは「スタッフの休憩時間をとる」でしょう。

午前中から働いたスタッフは、ランチタイムのピークで大変疲労しています。午前中から閉店まで働く場合は、とくにアイドルタイムの休憩時間が重要になります。

疲労したままでは「生産性が下がる」ので、アイドルタイムで1度リフレッシュするのが効果的です。また「休憩時間は労働基準法により義務付け」られており、しっかり守る必要があります。

労働基準法による休憩時間

  • 労働時間が6~8時間以下の場合は「少なくとも45分」
  • 労働時間が8時間を超える場合は「少なくとも1時間」

キッチンスタッフの仕込み時間

飲食店のアイドルタイムの多くは「スタッフの休憩時間」になりますが、キッチンスタッフにとっては大切な仕込みの時間でもあります。

  • ➀ディナータイムの予約の料理の仕込み
  • ②明日のランチタイムの仕込み
  • キッチンスタッフは調理時間だけでなく「仕込み時間」も必要になります。

飲食店スタッフの教育時間

人手不足の飲食店では、各スタッフがレベルアップし生産性を上げる必要があります。また、生産性が高くなると「少人数で営業することも可能」になります。

ディナータイムのピーク時間をむかえるまえに、当日の予約や各スタッフが「どのように動くべきか」を確認するためにアイドルタイムを活用しましょう

その他にも「ランチタイムの反省の時間」にアイドルタイムを活用します。

ランチタイムでスタッフがミスした場合、忙しいピーク時間に注意すると、スタッフのモチベーションが下がったり、注意された内容をしっかり理解できていないことがあります。

アイドルタイムのヒマな時間に「冷静に論理的に教育」します

飲食店の清掃時間

飲食店はランチタイムのピークで満席になることもあり「お昼のアイドルタイムに清掃」が不可欠です。

店内のテーブル・イス・床や、とくに「トイレの清掃」は完璧にしたいところです。大手の飲食店では、1時間毎に清掃チェックが行われています。

キッチンの「アイドルタイムの清掃」は「通常の営業で使用する以外」の所に目を向けます。

アイドルタイム中のキッチン清掃例

  • 冷蔵庫・冷凍庫の中
  • 食器棚
  • コンロ上の棚や周辺
  • グリストラップ清掃
  • フライヤーの油交換や周辺の清掃
  • 上記のような清掃場所を「曜日毎に決めて(週末は忙しいから除く)」アイドルタイムを活用します。毎日清掃しなくてもいいが「いつかは清掃する必要がある場所」がポイントになります。

アイドルタイム用の販促を実施する

飲食店のアイドルタイムを狙って「新しい営業の形を販促する」ことも可能です。

なぜ、新しい営業の形を販促する必要があるのか?

飲食店だけに限らず、店舗経営では「いかにして席効率をアップさせるか?」が大切だからです

アイドルタイムは「飲食店がヒマな時間」であり「席が空いている時間」で、なるべく席を埋めるのが「席効率アップさせる」ということです。

飲食店アイドルタイム専用の販促で、有名なものは「ハッピーアワー」です

「ハッピーアワー」とは、レストランやバーなどの飲食店が「ビール・ワイン・カクテルなど酒類の割引を行う時間帯」のことを言い英語圏の諸国などで用いられています。

居酒屋であれば「17時〜19時はアルコール全品割引!」というハッピーアワーキャンペーンがよく見られます。とくに、外から店内が見える店舗はハッピーアワーが効果的です。

店内が賑わってるお店って、外から見て興味がありますよね?

通りを歩いてる人にとって「ガラガラのお店より、賑わっているお店のほうが魅力的」に感じるわけです。ハッピーアワーには「お客様がお客様を呼ぶチカラ」も持っています。

飲食店バイトのアイドルタイム休憩2時間はつらい…

飲食店にとって重要な時間帯の「アイドルタイム」ですが、飲食店でアルバイトしてるかたにとっては「つらい時間」になる可能性があります

それは、店舗がヒマ過ぎて「休憩2時間とってほしい」といわれること。

社員の場合は、ひと月の労働時間と給料が決まっているので「ヒマな時に休憩する」もしくは「早く退勤」しても給料に影響しません。

しかしながら、アルバイトのかたは「働いた時間しか給料をもらえない」ので、休憩時間が多いと給料が減ってしまいます。

また、ランチタイム後の2時間休憩して「ディナータイムのピークだけ働かされ」店内が落ち着いたら退勤させられると「結局1日がアルバイト」で潰れてしまいます。

そのような、極端な「店舗都合に合わせた働き方をさせる飲食店」は好感が持てません。なぜなら、アルバイトのかたの心情に寄り添ってないからです

アルバイトを2時間休憩させるなら「ランチタイム後に退勤」させ「別のスタッフにディナータイムを任せる」のが一般的です。極端な店舗都合で働かされるアルバイト先は「経営に問題」がありそうです。

 誰にでも、唯一平等なのは「時間」です

わたしも色々な店舗・企業で働いてきましたが「飲食店で働く人の時間を大切にできない企業」には問題があると思います。

雑に扱われることが多々あるようでしたら「他のアルバイト先を探すべき」でしょう。

LINEアカウント

現役料理長の飲食悩み相談Line

お困りの人のための あつまり

友だち追加

ホールの仕事
スポンサーリンク
ten職レストラン
タイトルとURLをコピーしました