飲食店「英語で接客」便利な接客英語フレーズをご紹介

飲食店スタッフが知っておくべき英語フレーズ ホールの仕事
スポンサーリンク

飲食業界23年、現役料理長です。

今回は「飲食店の店員が知っておきたい便利な接客英語フレーズ」について解説します。

あまり英語が話せないスタッフの接客英語のポイントは「お客様が単語で返せる問いかけ」「短いフレーズで伝わる文章」です

英語が得意なスタッフさんなら何も心配いらないのですが、あまり英語が得意ではないのに「調子に乗って長文を使う」とお客様が『おっ!英語喋れるのね♪』と勘違いして「難しく・聞き取れない速さ」で話されることがあるからです。

なので、この記事では「飲食店でおさえておくべき便利な接客英語」をご紹介します。

飲食店へ「お客様が来店して来られるところ」から順に解説します。

スポンサーリンク

接客英語フレーズ「入店から席案内」

お客様が来店してこられてまずは『いらっしゃいませ!』と迎えるべきなのですが、英語には『いらっしゃいませ!』に直訳できる言葉が存在しません。

接客英語「いらっしゃいませ」

Good evening ! 「こんばんは(いらっしゃいませ)」

Good afternoon how are you 「こんにちは、いらっしゃいませ」

Welcome to 〇〇 「〇〇へようこそ(いらっしゃいませ)」

以上の言葉が『いらっしゃいませ』に近いものになります。

「Good ○○」は、朝・昼・夕方など時間帯により言い分ける必要があるので、「welcome to ○○(店舗名)」を使用するのが無難です。

次に「座席について」の説明が必要になります。

接客英語「人数確認から座席までの案内」

How many?「何名様ですか?」

Would you like smoking or non smoking?「喫煙席と禁煙席、どちらがよろしいですか?」

Would you mind sharing a table?「相席でもよろしいですか?」

Do you have a reservation?「ご予約はされてますか?」

I’m sorry. but we are full right now「申し訳ございません。ただ今満席です」

Would you like an English menu?「英語のメニューをお持ちしましょうか?」

以上のように『〜しましょうか』のフレーズ「would you ○○?」は使いやすいので覚えましょう。

接客英語「~しましょうか?」の問いは、お客様が「YESやNO」で答えられる

Shall I take your coat?「あなたのコートをお預かりしましょうか?」

「coat」が「luggage」に変わると「あなたのお荷物をお預かりしましょうか?」に変わります

以上のように『~しましょうか(わたしが)』「shall I take ○○」の形も覚えておきましょう。

 

「~しましょうか?」と聞かれると、お客様は「YESやNO」で答えやすくなります

Yes. please「はい、お願いします」

No thank you「いいえ、けっこうです」

スポンサーリンク

接客英語フレーズ「ご注文を伺うとき」

店 Are you ready to order?「ご注文をお伺いしましょうか?」

客 What do you recommend?「おすすめのメニューはどれですか?」

店 We recommend this 〇〇「こちらの〇〇がおすすめです」

以上のフレーズは「料理」や「セットメニューをおすすめするのに使える」ので覚えておきましょう。

また、英語のメニューがある場合は「お客様が指で選べる」のでなるべく用意しておきましょう。

接客英語フレーズ「飲み物をすすめるとき」

Would you like something to drink?「お飲み物はいかがですか?(おかわりを聞くときにも使用する)」

What would you like to menu?「お飲み物は何になさいますか?」

Could you show me 〇〇「〇〇を見せて下さい」〇〇の中には「wine list」や「drink menu」などが入ります。

I’ll have 〇〇は「〇〇を下さい」〇〇の中に「beer(ビール)」「red wine(赤ワイン)」「white wine(白ワイン)」「sake(日本酒)」などが入ります。

接客英語フレーズ「必要なものはないか?」を訪ねるとき

お客様に『必要なものはないか?』を訪ねるときは『〜しましょうか?』の「would you like〜」の形になります

「Would you like 〇〇?」〇〇の中に以下の文章が入ると

  • a fork or a spoon?「フォークやスプーンをお持ちしましょうか?」
  • extra plates?「取り皿をお持ちしましょうか?」
  • desert?「デザートはいかがですか?」

以上のように「〇〇の中身を変えるだけ」で色々な提案ができます。

「Would you like〜」の形は必ず覚えておきましょう。

まとめ

今回は「飲食店の店員が知っておきたい英語フレーズ」について解説しました。

途中で気づかれた方もいると思いますが「ほとんど中学校で習う」程度の簡単な英語です。

「Would you like 〜」の形は、飲食店スタッフとして便利なフレーズなのでオススメです

また、接客英語用に「お店でテンプレートを用意する」のもいいでしょう。

大学生のアルバイトスタッフの中には「英語が得意な人」もいるので、そのような人にお店の雰囲気にあった接客英語のテンプレートを作ってもらうのも1つの方法です。

日本に訪れる外国人観光客が増えているので、英語版のメニューは「都市部や観光地」の飲食店で必須になるでしょう

今回は英語での接客フレーズを解説しましたが、アジア諸国からの観光客も多いので「メニューは料理・ドリンク共に写真が入ってるもの」にするべきでしょう。

LINEアカウント

現役料理長の飲食悩み相談Line

お困りの人のための あつまり

友だち追加

ホールの仕事
スポンサーリンク
ten職レストラン
タイトルとURLをコピーしました