太郎さんご来店などの飲食店隠語のあれこれ

飲食店の隠語あれこれ ホールの仕事
スポンサーリンク

飲食業界23年、現役料理長です。

今回は「飲食店スタッフの間で使われる隠語」について。

飲食店では「各店舗により隠語」があります。

例えば、トイレに行くことを「3番行ってきます」と言います。

なぜ、飲食店では「隠語」があるのでしょうか?

あなたがお客様で、飲食店のスタッフが『トイレ行ってきます』と目の前でいうと、何となく嫌な気分になりませんか?飲食店は衛生管理が大事なため

「イメージがマイナスになる言葉は隠語になっている」ことが多いです

アルバイトや社員として「飲食店で働き始めたときの心構え」として飲食店の隠語を解説します。

スポンサーリンク

隠語とは

隠語とは「仲間や専門家たちで通じる言葉」や「言い回し」のことです。

飲食店では、営業中に「お客様に聞かれたくないこと」「お客様の耳に入ったら不愉快なこと」を話すとき隠語を用います

飲食店の隠語は、各店舗で独自の呼び方もあり「すべての飲食店で同じ呼び方ではない」点に注意が必要です。

スポンサーリンク

飲食店の「太郎さん」はゴキブリの隠語

飲食店でゴキブリを発見した場合『太郎さんお願いします』という店舗があります。主に和食の店舗ではゴキブリのことを「太郎や花子」と呼びます。

飲食店「ゴキブリ」の隠語

  • 太郎=大きめのゴキブリ
  • 花子=小さいゴキブリ

以上のように、ゴキブリの「サイズによる呼び分け」もあるようです。

『太郎さんお願いします』とは、「ゴキブリが出たので退治してください」ではなく『大きなゴキブリを発見したので退治します』の意味です。

『太郎が出ました!』のような使い方をすると、何となくお客様に気づかれてしまうので注意が必要です。

飲食店により『G』と呼んだり、洋食系の店舗では『マイケル(ゴキブリ→G→ジョージ、マイケルから)』と呼んだりします

オープンキッチンでない時は、何も言わず無言で退治します。主に「お客様から見えるところやオープンキッチンの店舗」で隠語は使われます。

飲食店の多くには害虫駆除の業者が入っており、最近は店舗でゴキブリを見る機会が少なくなっている現状です。なので、『太郎さん』などの隠語を使う機会も減っています。

「太郎さん」以外の飲食店の隠語

ここでは、太郎さん以外の飲食店の隠語をご紹介します。飲食店で働かない方は、あまり見ないでくださいね(笑)

飲食店の隠語「山(やま)」

飲食店の隠語「山」は「品切れ」の意味です

寿司屋で「海の物を扱う」ことから、海と逆の山(山に海鮮物はない)が由来になったといわれています。

*所説あり

「本日のヤマ」とホワイトボードに書いたりもします。どちらかというと和食の店舗で使う言葉ですね。

飲食店の隠語「川(かわ)」

飲食店の隠語「川」は「本日のオススメ」で使われます

しかしながら、わたしは長らく飲食業界で働いてますが『川』は使ったことないです。「本日のオススメ」という言葉は、使っても良い気がするからです。

飲食店の隠語「アイドルタイム」

「アイドルタイム」とは「お客様が少ない時間帯、ヒマな時間帯」のことを呼びます

このアイドルは「idle」で「空回り・なまけている」などの意味で、乃木坂46のようなアイドル(偶像)の意味の英語ではありません。

詳しくはこちらもご覧ください

アイドルタイムとは?飲食店がひまな時間にするべき業務

飲食店の隠語「あたる」

飲食店の隠語「あたる」とは「食材を焦がすこと」をいいます

鍋でソースや煮物を作るとき『鍋底あたるから気をつけて』などと使います。「鍋底焦げやすいから気をつけて」という意味です。

これ『あたってるからダメ!(これ焦げてるから使えない)』などにも使います。

飲食店の隠語「シルバー」

飲食店の隠語「シルバー」は「スプーン・フォーク・ナイフ」などのこと

昔の西洋では銀製のナイフやフォークが使われていた(銀は変色しやすく食材の異変を察知しやすいから)ことが由来です。

『シルバーセットした?』などで使います。

飲食店の隠語「バッシング」

お客様のテーブルからお皿やグラスをさげる意味。

『バッシングしてきて(空いてるお皿さげてきて)』のように使います。

飲食店の隠語「ボウズ」

売り上げがゼロのこと。

「ボウズ→毛がない→もうけがない→儲けがない」ことが由来のようです。

*諸説あり

飲食店の隠語「兄貴あにき」

先に使用する食材のこと。先に仕込んだ物。

新しく仕込んだ同じ食材を「弟(おとうと)」といいます。

同じ食材の仕込んだものを『古いやつこれー!』というとお客様の印象が悪いので「兄貴、弟」と呼び分けます。

飲食店の隠語「3番」

トイレのこと。

店舗により、番号が違うことがあります。タバコの一服や休憩も、番号で呼ぶ店舗もあります。

飲食店の隠語「せきまえ」

お客様から注文を受け『遅い』とクレームを受けた料理やドリンク。

『この〇〇せきまえで!』「クレームついてるから急いで持っていってね。早く作ってね。謝罪しといてね」のように使います。

飲食店の挨拶「おはようございます」も隠語?

飲食店に出勤したとき、朝じゃなくても『おはようございます』と挨拶します。実はこれも飲食店の隠語の1つです。

飲食店に出勤してくる人の時間はバラバラで「早くから出勤してる人もいること」が起源になっています。

「早くからご苦労様です」という言葉が「おはようございます」になったといわれています。

飲食業界だけでなく、サービス業や芸能界のような「出勤時間が皆んな同じではない職種」で「おはようございます」が使われます。

アルバイトの挨拶「おはようございます」について詳しくはこちらもご覧ください

バイトの挨拶は昼も夜もおはようございますが基本なのはなぜ?

飲食店で「つご」って何?

飲食店で忙しいときに「つご〇個」「つごう〇個」という言葉を使う時があります。

『つご』って何?と思われるでしょう。

「つご(つごう)」とは「都合」と書き『すべての数量をあわせて、合計全部で〇個です』という意味があります。

「都」には「取りまとめる、統率する」という意味があり「合計してまとめると」という文章を縮めて都合と呼びます。

まとめ

今回は「飲食店の隠語」について解説しました。

わたしが最初に働いた和食のお店は「隠語を多用」していました。そう考えると、和食の世界で多い言葉であるといえます。

日本語の隠語には「お客様をもてなす気持ち・気づかう気持ち」が溢れていて優しいです。

まちがっても「ゴキブリ出たー!」などと、飲食店で働いてるときに言わないように注意してください(笑)

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

LINEアカウント

現役料理長の飲食悩み相談Line

お困りの人のための あつまり

友だち追加

ホールの仕事
スポンサーリンク
ten職レストラン
タイトルとURLをコピーしました