飲食店の売上管理をパソコンで誰でも簡単にする方法

飲食店の売上管理をパソコンで簡単にする方法とは? 店長の仕事
スポンサーリンク

飲食業界23年、現役料理長です。

今回は「飲食店の売上管理をパソコンで簡単にする方法」について解説します。

長年の飲食業界経験から、独立開業しても「どんぶり勘定」で経営してる人は多いです。

しかしながら、売上だけでなく「仕入れや原価率」もパソコンで管理すれば「自店舗の強みや弱みが数字で明確に分かる」のでパソコンで管理しましょう

『あまりパソコン使ったことないから不安…』という方がいるかもしれませんが、最近はパソコンやアプリ・接続機器などは発達して、とても簡単に売上管理できるようになっています。

パソコンで売上管理する最も簡単な方法は「レジアプリ」を導入することです

レジアプリを導入する方法が最も簡単なのですが「有料」であることが多いので、無料で売上管理する方法についても解説します。

スポンサーリンク

店舗売り上げ管理「エクセル」を使う方法

飲食店の売り上げ管理は、パソコンの「エクセル」ですることが可能です

エクセルで使用できる「売り上げ管理・ひな形・テンプレート」を無料でダウンロードできるサイトをご紹介します。

こちらのサイトでは「売り上げ・顧客・店舗の管理」から「新規取引や条件変更のテンプレート」を、ワードやエクセル、パワーポイントなどのデータ形式で用意してくれています。

基本的に「無料でダウンロードできます」が内容により「有料のもの」もあります
売上管理に関する書類・書式テンプレート/フォーマット/文例の無料ダウンロード【bizocean(ビズオーシャン)】
【bizocean(ビズオーシャン)】「売上管理」に関するテンプレート、雛形、フォーマット、サンプル、文例、書き方を集めました。28,000点以上の書式から「売上管理」に関するページを取りまとめています。多くのコンテンツが無料ダウンロードでご活用いただけます。

エクセルを使用し「売り上げ」などを自身で記入するのですが「もっと簡単」に売り上げ管理する方法があります。

エクセルを使用して、結局「有料のダウンロード」をするくらいなら「POSレジアプリ」の導入を考えたいところです。

スポンサーリンク

飲食店の売上管理「アプリ」とは

レジアプリは「POSレジアプリ」とも呼ばれ「店舗の会計・集計業務に必要な機能を1つのアプリケーションにまとめた」ものを指します。

POSレジとは「商品の販売情報や在庫情報・出入金や顧客などの幅広い情報を一元管理する」機能を持ったレジです

大手飲食店のみならず、最近では「個人経営の飲食店」でも導入されています。

なぜ、個人経営の飲食店でも「POSレジ」が導入されるようになったかというと、スマホやタブレットにインストールして使うことができる「レジアプリ」が次々に登場したからです。

タブレットレジなので「場所を取らない・持ち運べる」さらにクラウド上でデータ管理を行うため、ネットワークに接続できれば「どこでも使用できる」のが魅力です

便利な「レジアプリ」には「有料と無料」で使用できるものがあります。

レジアプリ「無料と有料」の違いとは?

レジアプリを導入する場合「初期費用は0円〜数十万円」と開きがあります

現在「使用してる端末」にアプリをインストールする場合は「初期費用が0円」であることが多いです。

しかし、アプリインストールのほかに「決済端末機の代金やレシートプリンター・タブレット」など、業務に必要な物の購入に応じて「初期費用が変わってくる」ため、事前に必要なものを書き出して費用を計算しておきましょう。

無料アプリでも充分な機能やサービスを備えていますが「キャッシュレス決済時の手数料」が必要です

無料のPOSレジアプリは、どちらかというと「アパレルや小売店」に向いているといえます。

なぜなら、無料のPOSレジアプリでは飲食店経営で必須の「ハンディ端末(注文を取る機械)」が使用できないからです。

飲食店経営の売上管理では「有料アプリ」が必須

有料のPOSレジアプリは「清算機能や販売実績管理」だけでなく、複数店舗で共通の売り上げ管理を行えたり「ハンディ端末やオーダーが入った時に活躍するレシートプリンター」のような周辺機器が利用できるため、飲食店では「有料POSレジアプリが必須」になります。

また、パソコンやタブレットで売り上げ管理を簡単にするには「POSレジを導入する」のが1番です。

なぜなら、POSレジの機能には、先ほど紹介した「エクセルのような内容が搭載されている」ものが多いからです

「有料アプリ」といっても月額費用が「とても高額」なわけではないので『飲食店経営に数字管理は必須!』『後々は店舗展開をしたい!』とお考えのオーナー様には「有料POSレジアプリ」をオススメします。

有料アプリの場合は「月額費用として数百円〜一万円」が相場です

実際に有料レジアプリを開業時に導入した知人は「店舗展開に成功」しています。

誰でも「有料POSレジアプリ」を導入すれば成功するわけではありませんが、飲食店経営では「料理の味・サービス」と同様に「経営力」が必須になります。

飲食店開業時に「有料POSレジアプリ」を導入できるオーナー様は「将来のビジョンが明確である」ともいえます。

*客席が20席未満のような規模が小さい飲食店では「有料アプリ」は必要ないかもしれません。目安として「40席」を超えるお店では必要かと思います。

飲食店の経営に必須な「ハンディ端末やレシートプリンター」も使用できるので、有料POSレジアプリの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

店舗や業種に適したPOSレジをご紹介してくれるのはこちら

店舗に合ったレジ選び無料でご紹介します【レジチョイス】

LINEアカウント

現役料理長の飲食悩み相談Line

お困りの人のための あつまり

友だち追加

店長の仕事
スポンサーリンク
ten職レストラン
タイトルとURLをコピーしました