個人経営「喫茶店・カフェバイトの探し方」メリット・デメリットも解説

個人経営の喫茶店バイトは楽しい? 接客の仕方
スポンサーリンク

飲食業界23年、現役料理長です。

今回は「個人経営の喫茶店でのアルバイト」について解説します。

大手企業のカフェが増え、昔ながらの喫茶店は少なくなっています。ですが、オシャレなカフェを経営する個人事業主が増えています。

スポンサーリンク

「こじんまりしたカフェバイト」の探し方

個人事業主が経営する『こじんまりしたカフェでバイトしたい』と思ったとき、「小さなカフェバイト」で検索すると、大手カフェチェーン店から・イタリアンバル・ネットカフェのスタッフ・スナックやカウンターレディ・メイドカフェのようなお店まで幅広くヒットします。

極端に時給が高いのは「コスプレや水商売系」なので注意しましょう

検索するときは「カフェ」「喫茶店」で探しましょう。

また、個人が経営する「こじんまりしたカフェ」は、アルバイト募集経費削減することが多いのが特徴です。お気に入りのお店を見つけたら、オーナー様に直接『アルバイト募集してますか?』と聞いてみましょう。

スポンサーリンク

カフェアルバイトのメリット

個人経営の喫茶店やカフェでは「お客様にくつろいでいただける空間や雰囲気」を提供しています。店員の仲の良さは店舗の雰囲気に関係するので大切です。

店内の雰囲気作りのため「店員同士のコミュニケーションを重視している」店舗が多いようです。その結果、他の業種で働くより「多くの友人ができる」のがメリットです。

また、カフェの仕事で「コーヒーの種類」や「コーヒーマシーンの使い方」「コーヒーのドリップ方法」などの基本を覚えることが出来るのもメリットです

コーヒー豆の知識が増えたり、オシャレな盛り付けを覚えたり、接客することで接客のスキルが身につくのもメリットのうちの1つです。

わたしの知人は、学生時代にコーヒーにハマり、水の綺麗な地方に引っ越し個人でカフェを開業しました。それほど、カフェには魅力があり奥深いものです。

個人経営カフェバイトのデメリット

個人経営カフェバイトのデメリット

  • 時給が安い
  • 従業員が少なく「仕事量が多い」「人間関係が重要」
  • 多く出勤できない(稼げない)

個人経営の店舗のデメリットは「時給の安さ」ではないでしょうか。

残念ながら、個人店のアルバイトでは「高時給を期待できません」

時給に期待はできませんが、個人経営の店舗で働いた経験は「チェーン店のマニュアル」では得れないことがあります。

「時給をとるか」「経験やスキルをとるか」で、働くお店を選ぶ必要があります。

また、店舗が小さく従業員の数が少ないので仕事量が多く「人間関係」も重要になります。オーナーや社員さんと相性が悪い場合は、違うお店を探しましょう。

働くお店選びを間違うと「時給が安い」「仕事量が多い」「人間関係が悪い」と最悪な労働条件になるので注意しましょう。

個人経営カフェとチェーン店の違い

個人経営のカフェ(喫茶店)は、オーナーのこだわりが詰まった個性的な癒し空間です。

ゆったりとした雰囲気とコーヒーの香りが漂い、チェーン店のような慌ただしい様子とは違った魅力があります。

個人経営カフェの特徴

個人経営のカフェ(喫茶店)は、企業が複数の店舗を運営するチェーン店とは異なり「個人オーナーの管理・運営のもと経営されるカフェ」をいいます。

提供するメニューやサービスは「個性豊かな物が多く至るところにオーナーのこだわり」が見えます。

個人経営カフェの特徴

  • 個性的な雰囲気
  • お客様の滞在時間が長い
  • 常連客が多い
  • 地域密着型で地元の人に愛されている
  • 常連客の好みを覚える必要がある

以上が個人経営カフェの特徴で「お客様と話すことが好き」「ゆったりと仕事したい」「人の名前や顔を覚えるのが得意」という方には楽しめるアルバイトです。

個人経営とチェーン店カフェバイト働き方の違い

個人経営とチェーン店では、カフェバイトの業務のやり方や店内の雰囲気に違いがあります。

個人経営とチェーン店カフェの違い

  • 個人経営にはマニュアルがない
  • 個人経営はゆったり、チェーン店は忙しい

以上のように「個人店とチェーン店」は違いがあります。

個人経営のカフェ(喫茶店)では業務マニュアルがない場合が多く、仕事や接客の方法が個人に委ねられる傾向にあります。

個人経営のカフェ(喫茶店)では、スタッフの臨機応変さや対応力が必要です。

『マニュアルがある方が働きやすい!』方は、大手企業のカフェが向いています。のびのびと働きたい方は、個人経営のカフェに向いているでしょう

個人経営のカフェ(喫茶店)は、チェーン店と比べると来客数が少なく、落ち着いて働ける傾向にあります。ゆったりとした時間を求めてお客様が来店されるため、接客を急ぐ必要はありません。

一方、チェーン店は人通りが多い場所で営業しているため、利用者が多く回転率を上げて売上を伸ばす傾向にあり「繁忙期はとても忙しく」なります。

個人経営カフェ(喫茶店)の探し方

チェーン店と比べると個人経営のカフェの求人は少ない傾向があります。バイト求人情報はどのように探すべきなのでしょうか。

個人経営のカフェの探し方

  • 店内外の求人チラシから連絡する
  • 気になる店のSNSをチェックする
  • 求人サイトから探す
  • 店内外の求人チラシから連絡する

個人経営のカフェ(喫茶店)で働きたいと思う方は、おそらくお気に入りのお店があるのではないでしょうか。

個人経営の飲食店は「募集経費をかけたくない」ので、店内や店外に求人チラシを貼っていることがあります

あなたのお気に入りのお店で「求人チラシを見つけたら」応募してみましょう。

店内外の求人チラシを見て応募する場合、直接お店で伝えるのは少し危険。なぜなら、お店が忙しかったりオーナーの手が離せない状況があるからです。

チラシを見つけても「電話番号などをメモして一度家に持ち帰り、電話で応募したいこと」を伝えましょう。

気になる店のSNSから探す

気になる店舗がSNSで発信してる場合「DMなどで求人について聞くことも可能」です。

個人的には、SNSで連絡して来られると少し怖いので、SNSで求人の広告を見ても店舗に電話することをオススメします。

求人サイトから探す

アルバイトの求人サイトには、さまざまな企業が求人情報を出しており、個人経営のカフェ(喫茶店)が募集を出していることもあります。

しかしながら、先ほど述べたように「個人経営の店舗は求人の経費を節約したいため」求人サイトで見つけることはレアです。

「珍しいアルバイト」であることや「チェーン店より募集人数が少ないこと」が理由で、すぐに募集を締め切ることがあります

求人サイトで個人経営のカフェを見つけたら「応募するかどうか」の判断は早めにしたいところです。

まとめ

今回は「個人経営のカフェ(喫茶店)」について解説しました。

個人経営のカフェと「チェーン店は業務内容や雰囲気も大きく違う」ので、あなたにあうお店で働きましょう。

個人経営のカフェは、ゆったりとした空間を提供しているので「雰囲気を壊さない」働き方が望まれます。

個人経営のカフェの求人を探すには「店内にチラシが貼られてること」が多いです。SNSや求人サイトをチェックするのも重要。

求人サイトで募集されてるのはレアなので、すぐに締め切られる可能性があります。『応募するかしないか』の判断の早さも大切でしょう。

あなたの理想の職場に出会えますように。

LINEアカウント

現役料理長の飲食悩み相談Line

お困りの人のための あつまり

友だち追加

接客の仕方
スポンサーリンク
ten職レストラン
タイトルとURLをコピーしました